web業界

【2020年】Webライター・ブロガーにおすすめの本・サイト(※随時更新)


文章を書くというのは誰にでもできるのですが、それだけに奥が深いです。

また文章を書くと言っても

  • 個人ブログ
  • キュレーションサイト
  • 取材記事
  • メルマガ
  • LP

など媒体によっても大きく変わってきます。
僕は現在プロのライターを4年ほど活動しており、その傍らブロガーとしても活動しています。
これまで色んな媒体でライティングを手掛けてきました。

その経験をもとにこの記事では

Webライターにおすすめの本やサイトをご紹介します。

現役Webライターおすすめの本8選

それではここから僕が現役ライターとしてオススメの本を7冊紹介します。

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング できるビジネスシリーズ


この本は今まで読まれるためのライティングをやったことがない人が読まれるために必要なポイントは何かというのを実例を交えて教えてくれます。ナタリー自体、毎月3000本の記事を出していて、作者はライターを育てる社内研修の中で得たテクニックを余すことなく書き連ねています。

多くのサイトなどでも必ずおすすめに出てくる一冊です

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—

 
とある地方のさびれた温泉旅館がWebマーケターによってWeb集客を成功させていくストーリーになっているのですが記事やメディアを作るうえでの必要なリサーチやライティング、そして運用までが全て網羅されています。

この本にはWebマーケターやディレクター、そしてライター全てに役立つ知識とスキルが集約されています。

最新のGoogle対策! これからのSEO Webライティング本格講座

created by Rinker
¥1,980 (2020/08/07 23:37:48時点 楽天市場調べ-詳細)

オウンドメディアなどを運営する際に必須のスキルがSEO。ブロガーにも必須ですね。
しかし、SEOはGoogleのアップデートなどもありなかなか、これといった手法が見つかりにくい。
そんな中でGoogleの意図と、Googleに評価されるポイントは何かというのを根本的に教えてくれる本です。

現役LPO会社社長から学ぶ コンバージョンを獲る ランディングページ


こちらはLPやキラーページなどモノを売るページのライティングに重点を置かれた本。
でも実はそれ以上に重要なことがギッシリ書かれています。

特にペルソナの設定やニーズの設定は非常に詳しくかつ、芯をついたものになっています。

プレゼンの語彙力 おもしろいほど聞いてもらえる「言い回し」大全


「スティーブ・ジョブスのようなプレゼン力をつける」ならこの本です。見出しにもそう書いてますw

でも、本当にこの本を読むとそんな気になります。詳しくは言い回しです。言い回しによって同じことでも響き方は変わりますし、反応率も変わります。

[カラー改訂版]バカ売れキーワード1000


こちらは短い文章でいかにターゲットをつかまえるか、1000のケース(事例は4000以上)を紹介してくれています。そのまんま使えるレベルなので辞書のようにつかっています。
意外と知らない人が多いですが、実はライティングの中でタイトルは短いながらも非常に重要になります。むしろタイトルで反応してもらえなければ本文をいかに作り込んでも読んでくれません。

人を操る禁断の文章術


メンタリストDaiGoが書いたライター・ブロガー界隈では有名な本です。
相手の感情を動かして知らず知らず相手が自分の思い通りに動いてしまう
そんな文章を書くテクニックがかかれています。

東大院生が開発!頭のいい説明は型で決まる


「相手に説明するときに相手の理解力に合わせないといけない」
この事実を基に相手に理解してもらう型が学べる本です。

いますぐ書け、の文章法


どんだけテクニックがあろうとノウハウがあろうとなかなか書けなかったりするのが文章。
そんな時に読むとすごくすっきりします。
背中押されます。むしろ胸が突き出るくらい。

なお、この本に出てくる面を食らう文章がコレ。
『「ちゃんとした文章を書こう」とするのが素人、そんなこと気にしていないのがプロなんですけど』

ライターに必要なのは「動かす」ライティング

色んな記事がありますが、1番必要とされるのは人を「動かす」、つまり行動に促すライティングになります。

ほとんどのメディアはタダで情報が手に入っているように見えても実は収益を上げています。 

その収益源は何か。

メディアを経由して発生する売り上げです。

これが達成されることでメディアは成立しているのです。

つまり、ライターはこの売り上げを発生させることが使命なわけなのです。

これを踏まえるだけでライティングスキルは断然に上がります。

電子書籍を利用するのも手

さて紹介してきた本ですが、もちろんハードカバーで買うのもいいですが僕は電子書籍で買うのをおすすめしています。

理由はかさばるのと好きなタイミングで好きな時にチェックできるから。

今回紹介した本は参考書のように使っていくことがおススメです。

というより一度に頭に入ることなんて無理です。

なので電子書籍を活用することをおすすめします。

さらに今回紹介した本の中で

現役LPO会社社長から学ぶ コンバージョンを獲る ランディングページ
プレゼンの語彙力 おもしろいほど聞いてもらえる「言い回し」大全

に関してはKindle Unlimitedで無料で読むことが出来ます。

まとめ

以上、ライター・ブロガーにおすすめの本をご紹介しました。
ライターやブロガーは文章という誰でも使える・扱っているスキルを使って
お金をもらえるというある種、ずるい職業です。

でもそれだけ人は言葉を求めてますし、
言葉に納得できれば行動に移します。

無理やり動かすことは出来ないのです。

僕もまだまだ発展途上ですが、上記の本はぜひおすすめなのでチェックしてみてください!

-web業界

Copyright© 都会のひきこもり暮らし , 2020 All Rights Reserved.