web業界

ライターとして稼ぐためにはどうすればいいか現役ライターが解説します


PCさえあれば、そして何ならスマホでも出来る仕事として人気なのがライターです。

文章が書ければ出来る仕事なので副業としても人気です。

ただ、その一方で本業のライターとして活動しているものの、稼げていない人も多くいます。

そのため、

「ライターは儲からない」

とまで言われたりします。

しかし、現役ライターとして言わせていただくと

ライターは稼げます

この記事では稼げるライターになるにはどうすれば良いかについて解説します。

ライターは稼げる!夢がある!

先ほどもお伝えした通り、ライターは稼げます。現に私も会社所属のライターとして働いていますが年収600万円以上稼いでおります。
また、周りにも1案件で300万円を稼いでいるライターもいます。
(しかもライティングにかかる期間は1か月程度です)

ライターは決して稼げない職業ではありません。

では、稼ぐためにはどうすれば良いか?

ここからは大きくフリーランス向けと会社所属向けの2つに分けて説明します。

フリーランスとして稼ぐためには

フリーランスというのは特定の会社に所属せずに、企業や個人が募集している案件でライティングするというものです。
本業としてやる人はもちろん、主婦(夫)や会社員の方が副業としてやっている人も多いです。
フリーランスで稼ぐためには以下のようなものがあります。

単価を上げる

基本は単価を上げることです。フリーランスであれば、基本は1記事、もしくはメディア系であれば1文字〇〇円という形で
金額が決まります。

ここを上げるというのが一番の近道です。

この場合にどうすればいいかについて解説します。

発注元に単価交渉する

まず、現在定期的に案件を受けている場合は
一度交渉しましょう。

僕自身も外注ライターの方から
交渉を受けて単価を上げたことがあります。

ただし!!!

交渉はかなり丁寧にしないといけません。
まず、信頼関係を築いていることが重要です。

でないと、発注側は「じゃあ違うライターを探そう」

となり、契約が破棄される場合があるからです。

受注して、発注側の要望には即時対応し、時にあるイレギュラーな注文にも
臨機応変に応える。
そうすることで信頼関係も築くことが出来、また仕事のルールも共有できるようになります。

こうなってくれば交渉がしやすい(というか応じやすい)環境になってきます。

また、高品質な記事を提供し続けることも重要です。

その際に他の案件でさらに高単価の依頼を受けることもあり得ますので
それを理由に単価を上げてもらうというのも手です。
 

プロフィールを充実させる

ランサーズやクラウドワークスなどクラウドソーシングに登録している場合には
プロフィールを充実させましょう。
発注側は経歴やポートフォリオを重視します。
この辺りを充実させましょう。

高単価の専門分野に特化する

同じライティングでも分野によって単価はまるで変わってきます。
金融や不動産、法律関係などは単価が高くなってきます。
僕もかつて1文字10円で発注していたこともあります。
しかも5000字以上なので1記事5万円以上というツワモノもいました。

確かに内容が難しく、勉強が必要ですが
一度、情報をつかんでしまえば
かなり稼げる分野です。

会社所属のライターの場合

会社所属のライターの場合は転職するかジョブアップするかになってきます。
ちなみに僕は転職で年収を上げていきました。
ここではライターとして転職し、かつ年収を上げる方法について解説します。

転職する

ライターは基本、記事を書くのが仕事になりますが、それ以外にもその知識を使って
仕事が可能です。以下の職種は十分狙えます。

      

  • WEBディレクター
  •  

  • コンテンツマーケター
  •   

  • SNS
  •   

  • 広告運用
  •   

  • 動画ディレクター

僕自身もWEBディレクターや動画ディレクターをやることがあります。
こうすることで仕事の幅も広がり、収入もアップしました

自分で‪ブログやサイト運営する

これはライターとしてというより、ライターで培った技術を生かして
自分でブログ運営をするというものです。

こうすることで自分のブログやサイトに広告を貼って収入を得るということです。

まとめ

以上、稼げるライターになるための方法について解説しました。
冒頭にもお伝えした通り、ライターは稼げる職業です。

是非、参考にしてください。

-web業界

Copyright© 都会のひきこもり暮らし , 2020 All Rights Reserved.