web業界

プログラマー・エンジニア以外でWeb業界に転職する方法


「パソコンさえあればどこでも仕事ができる」

こんな売り文句でWeb業界は人気です。
そしてWeb業界の花形の職業と言えばプログラマー・エンジニアです。

どちらも「プログラミング言語」というものを用いて様々なソフトウェアやシステムを作り出したり、管理する職業です。

なので2~30で会社や工場勤めに疲れた人がこぞって取得しようとするのがプログラミング技術です。

しかし、実際にプログラミングがそう簡単に学べるかと言えばそうではありません。
多くの人が大金を払ってセミナーを受けますが、それでも中にはプログラミングの難しさから脱落してしまう人もいます

さらに、言語は進化しますので習得したのちも勉強や覚えなければいけないことがあります。

そういったことから

「プログラマー・エンジニア以外でWeb業界に入りたい」という方は少なくありません。

というか僕自身がそうでした。
なので今は「ライター」「ディレクター」という職でWeb業界に入りました。

この記事では

Web業界に興味やあこがれがあるものの、プログラマーという職業には抵抗を感じている、もしくは挫折した方向けに

プログラマー以外のWeb業界の職業のご紹介、そしてそれぞれのメリット・デメリットをしたいと思います。

プログラマー・エンジニア以外のWeb業界の仕事一覧

プログラマー・エンジニア以外のWeb業界の職業は以下の通りになります。

  • Webライター
  • Webデザイナー
  • Webディレクター/Webプロデューサー
  • Webマーケター
  • Webオペレーター/サイト運営
  • 動画編集

一番手っ取り早いのはライター

まず、最も覚える技術が少なく Web業界に入りやすい職業はライターです。

ライターはインターネットの記事を書くのが仕事です。

基本能力としてパソコンで文字が打てればOKです。

もちろん技術は必要となります。とは言え、わざわざスクールなどで勉強してまで覚えることかと言えばそうではありません。
インターネット上や本でも十分学習することが出来ます。

ただ一方で給与が低い傾向にあります。

ライターとはどんな仕事なのか以下の記事に詳しく書いていますので参考にしてください。

Webディレクター・プロデューサーも特別な資格は必要ないが知識が必要

Webディレクター・プロデューサーも特別な資格は必要ありません。

しかし、幅広い知識が必要です。

Webサイト制作の指揮・監督を行うからです。

クライアントの要望に対してどのようなサイトをつくならなければいけないのか、
どうやって進めるのかを全体指揮を執って進めなければなりません。

なので未経験の人や知識がない人には敷居が高いです。

デザイナーは編集ソフトの操作を身に付けなくてはいけない

デザイナーはWebサイトに表示させるデザインを手がけます。

その際に編集ソフトを扱えなくてはいけません。

具体的にはAdobe社のphotoshopやillustratorなどになります。

これもプログラマーと同様にスクールなどで操作方法を覚えるのが一般です。

それくらい専門性がある技術だからです。

未経験でも募集している場合がある

以上、プログラマー・エンジニア以外のWeb業界の職業をご紹介しました。
こう見ると他の職業もなかなかハードルが高いように感じるかと思います。

しかし、企業の中には

「未経験でもOK」

という求人募集をかけているところもたくさんあります。

未経験OKのWeb業界の求人情報を探すには転職エージェントを利用すべし

では、実際に未経験OKのWeb業界の求人情報を探すにはどうすればいいでしょうか?

それは転職エージェントを利用するという方法です。

未経験の場合、履歴書や職務経歴書を書く際に、それでも相手企業にとってメリットがあるようなアピールが必要になります。

そこで転職エージェントを利用すれば、キャリアアドバイザーが履歴書や職務経歴書の書き方や、企業の求人情報の紹介から面接のセッティング、給与交渉など転職に必要なサポートをしてくれます。。

こうすることで効率良く求人情報を探すことが出来ます。

僕自身も、転職エージェントを利用することで未経験でWeb業界に転職を成功させました。

転職エージェントでオススメというか、まず登録すべきなのは「リクルートエージェント」です。

業界最大手であり、「リクルート」という看板もあって求人情報がたくさん集まっています。

より成功させるためには複数登録するのが望ましいですが、まず「リクルートエージェント」を押さえておけばOKです。

業界最大手

リクルートエージェント

※完全無料で登録する

Web業界は自由がいっぱい

Web業界に転職した立場から言うと、自由です。

仕事を頑張ればどんどん評価されますし、勉強して自分のキャリアアップもできます。

ブログやSNSを使って副業などもしやすいです。

未経験でも会社に入って鍛えられるので興味があれば飛び込んでみるのがおすすめです。

-web業界

Copyright© 都会のひきこもり暮らし , 2020 All Rights Reserved.