転職・副業

36歳で転職に失敗した体験談


K.Z.N.です。

僕は36歳で転職を2回しています。
(20代も入れるとめっちゃしてますw)

その時に失敗したことを書きます。

精神状態がよくなくて焦って就職したものの合わなかった

まず、最初の転職活動ですが、そもそもうつ状態でした。
そのため、正常な判断ができず、結果あまりやりたくないことで内定をもらってしましました。

Web業界なのですが、営業。

いろんな会社に足を運んでコンサルをするというものでした。

そもそも営業がいやで辞めたのに正常な判断ができていませんでした。

内容が聞いていたものと違っていた

これは実際に入った会社で面接時に聞いていた内容と違っていたというものでした。
いろんなメディアを作ると言う話ですが、実際に入って違う部署になりました。

労働条件が実際のメンバーとの温度差があった

面接をした社長や取締役の人はフレックスとのこと言ってたのですが、実際の現場ではとにかくみんな働いていました。
帰ろうとしてもなんか目線が冷たいのです。

これはしんどかったですね。

周りがハイレベル過ぎた

僕自身、あまり知識がない状態でWeb業界に入ってしまったのもあって周りのレベルに追いつけずかなり最初はしんどかったです。10歳以上年下の人たちに白い目でみられるのは堪えました。。。

まとめ

失敗はつきものと考えるといいと思います。

結果、僕は色々ありながらも契約社員だった頃よりははるかに収入はあがっているので。

-転職・副業

Copyright© 都会のひきこもり暮らし , 2020 All Rights Reserved.