ネット

色彩能力者とは?メリット・デメリットは?チェック方法も紹介


今、ネット上で「色彩能力者」というワードが人気沸騰中です。

色彩能力者とは「色を敏感に判断できる能力の持ち主」のことを指します。

ちょっとした色の変化や濃淡などが分かってしまうというものです。

一見するとすごく良いことのように見えますがそうでもない一面もあります。

そこでこの記事では色彩能力者のメリット・デメリット、そして自分自身が色彩能力者として
どの程度のレベルにいるのかをチェックする方法についてもご紹介します。

ちなみに僕は色彩能力者です☆

色彩能力者とは?

改めてお伝えすると、色彩能力者とは「色の違いや濃淡を敏感に判断できる能力の持ち主」を指します。

ちなみに「能力者」という表現をしていますが、たいていの方が持っている能力でそれがいかに敏感であるかどうかというだけの違いです。

決して超能力者やヒーローのような特別な能力を持っている人というわけではありません笑

色彩能力者のメリット

色彩能力者のメリットは、色に敏感なため、アーティスティックな職業で役立ちます。

映像やファッションなどでは微妙な色のバランス感を求められます。

色を敏感に判断できることによってそのバランス感覚がいち早く身に付きます。

また日常生活においても様々な場面で役立ちます。

実は街にある建築物や看板などは色によってもサインを出しています。

青は安全の印ですし、黄色や赤は注意を表します。

これらを感覚的に察知できるのです。

色彩能力者のデメリット

では、一方で色彩能力者にはどのようなデメリットがあるのでしょう?

それは色に対して非常に敏感なのでカラフル過ぎる創作物などを見ると

目が疲れたり頭が痛くなることがあるという点です。

これは僕はたまにあります。

イベントに行ったり、植物園などでとてもカラフルな景色を見ると目が回るような感覚になります。

これは色彩能力者に限らず、聴覚でも敏感すぎるひとは周りが気にならない音でも
本人には苦痛であるということがあります。

色彩能力者かどうかをチェックする!

さて、それでは実際に自分が色彩能力者かどうかをチェックする方法ですが、Buzzfeedで面白いチェック方法があります。

【激ムズ】「色彩能力者」にしか見えない絵に隠れた動物

こちらで色の濃淡でデザインされた動物を当てるというクイズがあり、それにより自分が色彩能力者としてどの程度能力があるかをチェックできます。

ちなみに僕は満点でした☆

ネット上の声

さて、この色彩能力者についてネット上で面白いつぶやきがあったのでいくつかご紹介します。

↑これ多分違うと思う。。。

以上、色彩能力者についてご紹介しました。

-ネット

Copyright© 都会のひきこもり暮らし , 2020 All Rights Reserved.