ニュース・エンターテイメント

【今がチャンス?】世界の超富裕層が株式爆買いし始めました

世界的に株価が下落しています。

アメリカでもサーキットブレーカーが何度も発動。

先行きが不透明な状況が続いています。

しかし!

世界の超富裕層の一部が株式買い増しの動きを見せています。

超富裕層の動き

ブルームバーグは以下の内容を報じました。

アクティビスト(物言う投資家)のカール・アイカーン氏は米レンタカー会社ハーツ・グローバル・ホールディングス、家庭用品や事務用品などを手掛ける米ニューウェル・ブランズの持ち株比率をそれぞれ引き上げた。ウォーレン・バフェット氏の持ち株会社はデルタ航空の株式を追加。テトラパックの親会社テトララバルの資産相続人らは、香料メーカーの米インターナショナル・フレーバー・アンド・フレグランス(IFF)の株式に3億1700万ドルを投資した。

ブルームバーグ『「一生に1度の大バーゲン」、世界の超富裕層が株式爆買い』より引用

また、超大手投資家も現在、アメリカは新型コロナ感染拡大防止が強化されているため、今後株価は急速に回復するとの発言をしています。

「一生に一度あるかどうかの大バーゲン」

そんな発言もみられています。

ネット上の声

株の事は分からないけど。。。

株についてはよくわかりませんが「今買う者が賢者 見送るのが愚者」「今買うのがいいと思うんだけど、後ろに大きなサメが口開けてるのも見えるんだよな」との意見もあるため
やはり最終的には本人判断なんでしょう。

-ニュース・エンターテイメント

Copyright© 都会のひきこもり暮らし , 2020 All Rights Reserved.