ニュース・エンターテイメント

【ステマ疑惑】ワニの件が電通案件でネット民激怒

ネット上で人気となっていた「100日後に死ぬワニ」ですが、実はステマだったのではないかという情報が出てきました。

※作者のきくち氏といきものががり・水野氏がTwitterで生配信しました!内容をまとめました。

【100日後に死ぬワニ】きくち氏と水野氏(いきものがかり)が電通案件否定するも炎上止まらず

「100日後に死ぬワニ」とは

きくちゆうきによる4コマ漫画です。

主人公はワニで、先輩のワニや親友のネズミと普段の日常を過ごします。しかし、4コマ目の下には死までの日数がカウントされ、1日1話更新されるたびに残り日数が減っていくという斬新な手法がとられていました。

2019年12月12日から作者自身のTwitterアカウントで公開が開始され、以後、翌年の3月20日まで毎日更新されました。1投稿で30万を超えるいいねを叩き出し、Twitterのトレンドで世界1位になるなどの反響を呼びました。

映画化、書籍化、グッズ

このような人気ぶりを踏まえ、映画化、書籍化、グッズ展開が決定しました。

100日後に死ぬワニ

公式アカウントでは「追悼ショップ」と表現しています。

このような人気があれば当然と言えば当然ですが、一方で「手際が良すぎるのでは?」という声もありました。

ステマ疑惑が浮上

そして、ついにステマ疑惑が生じました。

大手クラウドソーシングサイトにて「100日後に死ぬワニ」のステマ記事依頼があったのです。

そしてさらには大手広告代理店「電通」が背後にもいるとの情報も出ています。

根拠としては

100日後に死ぬワニ公式アカウントを運営しているのが株式会社ベイシカ

ベイシカの取引企業に電通がある

100日後に死ぬワニといきものががりのコラボムービーに
「大石タケシ」「根本 陽平」という人物が企画で携わっている

大石タケシ氏は電通のCMプランナー、根本陽平氏は電通のPRプランナー

です。

ネット上の反応

1人の作品とおもっていたのが違っていたのが悲しい

この作品は一人で作り上げたものかと思っていましたが、実は違っていたんですね。

なんかそれが悲しいですね。。。

※作者のきくち氏といきものががり・水野氏がTwitterで生配信しました!内容をまとめました。

【100日後に死ぬワニ】きくち氏と水野氏(いきものがかり)が電通案件否定するも炎上止まらず

-ニュース・エンターテイメント

Copyright© 都会のひきこもり暮らし , 2020 All Rights Reserved.